ゲームPCは静音設計されているのがオススメ!

ゲームPCは静音設計されているものを使うと良いでしょう。 3Dゲームなどをしていると、どうしてもCPUなどがフル回転しがちなので、PCが熱くなってしまいがちです。 そういった時にPCというのは、CPUを冷ますファンをフル回転させますので、結構うるさくなってしまいます。

このフル回転音は、パソコンが壊れてるのじゃないかと心配になりますし、ゲームプレイに水をさすので、できるだけ静音設計のPCを買うことをおすすめします。

静音設計というと、水冷タイプが有名ですが、これはあまり安いとうまく冷めないという噂が未だにあります。 価格を抑えつつ、ファンの音を減らしたい場合には、大きめのCPUクーラーがついたゲーム用PCなどを買う方が良いかもしれません。

また、PCケースも意外に静音設計には大事です。 PCケースの外側にもファンがついており、この回転数が上がると扇風機のようなもので、音がうるさくなります。

さらに、PCケースが安物だと、薄く作ってあったりして、内部の音が外に漏れやすくなります。

ゲーム用PCは、ある程度内部にこだわらなければいけないので、ケースの価格を抑えがちですが、快適に使うためにはPCケースにもある程度静音設計がされているものを買う方が良いでしょう。

グラフィックボードや電源ユニットに関しては、それほど大きな音がでるものではないので、そこまで静音にこだわる必要はないでしょう。


このように、ゲーム用PCは静音設計されていないと、純粋にうるさくなることが多いので、ケースやクーラーに気をつけて購入してみてください。

おすすめは ドスパラ 詳しくはコチラ