ゲーム用のディスプレイ

ゲーム用のディスプレイにもこだわる人はこだわりますが、実を言うと、それなりのものを使っていればそこまでの違いはないと言われています。
例えば、応答速度と言われる、PCから表示してくれと言われてから表示されるまでの時間の問題があります。
応答速度が遅いと、FPSなどの表示の速さがものを言うゲームなどではダメだと言われますが、実際のところ大した違いはなく、そこまでこだわる必要はないでしょう。

そこにこだわるお金を、コントローラーや静音などに使った方が、ゲームをより楽しく楽しめます。
もちろん、ごく多少ですが違いが出ることもあるので、こだわってみたい人は、より応答速度の早いディスプレイを選ぶと良いでしょう。

オンラインゲームは長時間やる人が多いので、長時間やる場合には目が疲れにくいとされるIPS方式のディスプレイを選ぶのが良いです。
液晶パネルには、TN方式とVA方式、IPS方式があるのですが、TN方式は輝度が高く目が疲れ易いとされています。
VA方式は、それなりの値段で買えるので人気がありますが、IPS方式ほど綺麗にはうつりません。
綺麗にうつって目にもやさしいIPS方式のディスプレーを買うのが一番良いと言えるでしょう。

また、モニターのサイズにも注目して買った方が良いです。
大きいことは良いことだと思って、あまりに大きいものを買いすぎると、自分の部屋と合ってなくて目が疲れるといった意見や、首が疲れれるという意見もあります。
自分の部屋の環境と比べて、最適と思われるディスプレイサイズのものを買うと良いでしょう。

おすすめは ドスパラ 詳しくはコチラ